中性脂肪を減らして健康で美しいカラダになる|栄養素満点

妊娠中に便秘になる理由

お腹

妊婦中に毎日のお通じがなく、便秘で悩んでしまっている妊婦の方も多いでしょう。妊娠中は身体が普段とは違った状況に置かれてしまうため、身体の機能が追いつけず、そこからくる不調によって便秘になってしまいます。普段であれば多少身体に負荷が掛かる程度では問題がなかったとしても、妊娠中の妊婦というのはいつも以上に身体に気をつける必要がでてきます。また、妊娠前から度々便秘になることがあった場合などは症状が悪化してしまうこともあるため、より注意が必要です。
便秘にも種類があって、大きく器質性便秘と機能性便秘の二つに分けられます。便秘解消のためには自身がどちらであるかを把握して対策する必要があります。妊婦の方で、妊娠後から便秘の症状が出ている場合は、病気というわけではないため機能性便秘となります。この機能性便秘は更に「弛緩性便秘」「直腸性便秘」「痙攣性便秘」の3つに分かれていて、弛緩性便秘は腸の動きが弱まってしまうことで、直腸性便秘は便意を我慢してしまっていることが原因で起こる便秘です。それぞれ便秘解消のためには、食生活を改善したり無理に我慢をしたりしないようにしましょう。また、妊婦の方で一番多いのが痙攣性便秘といい、ストレス等が原因で起こる便秘です。便秘解消のためにはストレスを取り除く必要があります。妊娠中のストレスは、妊婦自身だけの問題ではなく、周りからのフォローなども必要となります。決してひとりで抱えこまず、周りに相談してみることがストレスと便秘解消への近道でしょう。